お葬式の種類にも様々な形式などがありますが、その中でもあまり一般的に耳慣れない形式として直葬があります。

年々増えてくるお葬式への参列

直葬とよばれるお葬式について

お葬式の種類にも様々な形式などがありますが、その中でもあまり一般的に耳慣れない形式として直葬があります。この直葬ですが特徴として、通夜や葬式に告別式などを鳥おこう事はありません。その名の通り亡くなられた人をそのまま直接火葬場に火葬してしまう方法になります。この形式の場合ですと、正式には葬送法と呼ばれています。この葬送法は別の呼び方では火葬式や炉前式などと呼ばれる事もあり、通夜や告別式などがないので、生活にはお葬式とは呼ばれない形式となります。この直葬を耳慣れない理由として、通夜や告別式がないため告知もなく行われてしまい、知らぬ間に終わってしまっていることが殆どなのが理由となります。

この直葬を行う理由としては様々あり、まず費用の面が挙げられます。日本でも格差社会になってきておりお葬式を執り行う費用が払えないという人はとても多いです。その為、通夜や告別式を行わない直葬の場合は費用が20万円前後と抑えられるので選ばれるケースが増えてきています。また亡くなられた人自体が血縁や人間関係が薄いなどの理由から、通夜や告別式を執り行う必要性がないと判断される場合などもあります。宗教てきな考え方から、通夜や告別式などお葬式自体が不要という考え方の人や、亡くなられた人自体に愛着がないなどの理由などもあります。

ピックアップ