訃報を受け、お葬式やお通夜に参加する際、恥を欠いたり、遺族に失礼にあたることのないよう、服装や持ち物のマナーを覚えて置き、急なお葬式、お通夜でも慌てることのないようにして

年々増えてくるお葬式への参列

お葬式、お通夜での服装、持ち物のマナー

訃報を受け、お葬式やお通夜に参加する際、恥を欠いたり、遺族に失礼にあたることのないよう、服装や持ち物のマナーを覚えて置き、急なお葬式、お通夜でも慌てることのないようにしておくことが大切です。喪服には正喪服、準喪服、略喪服とあります。正喪服は最も格式の高い喪服であるので、遺族側が着用します。参列する場合は、準喪服(男性ならブラックスーツ、女性なら黒のワンピース、スーツ)を着用しましょう。略喪服(男性ならダークスーツ、女性なら地味な色のワンピースやスーツ)はお通夜で着用するものですが、準喪服でお通夜に参列しても構いません。

服装や持ち物で気を付ける点は、まず、毛皮の物を身に着けることは禁止です。女性の場合、肌の露出が極力ないように気を付け、スカート丈は膝が隠れる位のもの、ストッキングは無地の黒、を着用します。また、派手な化粧、ネイル、香水は避けるようにしましょう。ネイルは、急なお葬式やお通夜の場合、ジェルネイルなど、すぐに取ることのできないものもあります。その際は、黒のレースの手袋をし、お焼香の際は手袋を外すようにしましょう。

アクセサリーは結婚指輪、一連のパール以外は外します。ついうっかり油断しがちなハンカチは、色物や柄物は避け、白や黒といった地味なものを使用しましょう。フォーマル用のハンカチも販売されています。喪服、靴、カバンなどは、いざというときの為に、揃えておくと安心であり、慌てることがありません。そして、大人としての最低限のマナーでもあります。

ピックアップ