葬式をする本当の目的は故人のためと遺族のためと両方あるのではないでしょうか。

年々増えてくるお葬式への参列

葬式をする目的は故人のため遺族のため

葬式をする本当の目的は故人のためと遺族のためと両方あるのではないでしょうか。故人に自分が亡くなったことを悟ってもらい、速やかに成仏してもらうためです。亡くなった本人の遺影が祭壇に飾られているのを目にすることで、より悟りやすくなるでしょうし、お経を聞くことで魂が成仏の準備を始めるようになるのではないでしょうか。そして、遺族のためというのは、亡くなった故人の面影を偲びつつ、いつまでも悲しんでばかりいるのではなく、ひとつのけじめとして葬式を挙げるということです。お経を聞くことで厳粛で神妙な気持ちになり、成仏について考える機会になるでしょう。

葬式の費用はピンからキリまでありますが、最低限の費用はある程度決まっているのではないでしょうか。亡くなってから病院もしくは自宅から葬儀場への搬送、安置、通夜、葬儀、火葬など一連の流れを滞りなく執り行うには葬儀社の協力が不可欠です。そのための費用は最低でも100万円は必要になります。さらに住職一人あたり20万円程度掛かります。これらの費用を準備したり諸手続きなど経験が無くて戸惑う場合もあるでしょう。あらかじめ葬儀社などの互助会に加入しておけばスムーズに事が運びます。安心して故人を見送るためにも近くの葬儀社に相談しておくことをおススメします。