お葬式は人勢においてそんなに多く頻繁に参加するものではありません。

年々増えてくるお葬式への参列

お葬式でしてはいけない行為について

お葬式は人勢においてそんなに多く頻繁に参加するものではありません。その為、お葬式についてのマナーを良く知らない人も多いです。お葬式ではしてはいけない行為などは、自分自身が恥をかくだけではなく悲しむ親族にも失礼になるため、気をつけることが大切です。まず気をつけるべき行動として、通夜や告別式には遅刻しないようにします。特に告別式の場合は読経などもありその最中に式に参加するのは失礼なので、時間は守るようにするのが基本です。次に香典ですが新札を使用するのはマナー違反です。結婚式などは逆に新札を使用するのがマナーですが、お葬式の場合はお祝いごとではないので新札は喜ばれません。

新札しかない場合は、一度折ってシワをつけるなどの配慮が必要です。また故人との親しい間柄などであったとしても、親族の方への長い話は遠慮するのが良いです。親族のかたは他の弔問客の対応や葬儀の準備など心身ともに大変な時です。話しをする場合は短くお悔やみの挨拶をする程度にとどめるのが良いです。他には小さいお子さんを連れていくといったことも遠慮するべき配慮です。小学生の高学年くらいであれば問題はありませんが、じっとしていられない年頃の子どもやぐずりやし赤ちゃんなども連れていくのは控えます。このようにお葬式といっても、故人だけでなく式を行う親族などにも配慮が必要になります。しっかりとマナーをまもってお葬式には参列するようにするのが大切です。

ピックアップ