インベストメントバンキングについて

インベストメントバンキングは、投資銀行業務とも呼ばれ、証券引き受けや財務アドバイスなどの業務をいう。これは、インベストメントバンクが事業法人・機関投資家・政府系機関などの大口顧客を相手に行う業務であり、具体的には、資金調達業務、M&Aのアドバリザリー業務、マーケットメーキング業務、リスク管理業務、外国為替業務などがある。

最近は経済用語も多様化を見せ、まったく意味が分からないものも多く目にするようになってきています。特に不要なまでに横文字にしたせいで余計に分かりにくいものが増えてきており、英語に弱い方ほど分かりにくいという状態になっています。例えばインベストメント・バンキングと言われてもどんな銀行なのかイメージが付かないという方は少なく狩らずいるかと思いますが、具体的にどういった銀行なのでしょうか。

インベストメント・バンキングとは日本語にすると投資銀行という意味を持ちます。投資銀行と言われると具体的に投資に係わる銀行なのだというイメージが付きやすいと思いますが、具体的には様々な企業間で行われる投資にまつわる取引をアドバイザーとしてサポートする銀行となっており、普段の生活で使われることの多い銀行とは違い、預貯金によって資産を増やすことはせず、純粋に投資のサポートによって得られる仲介手数料などの利益で経営を続けています。

インベストメント・バンキングは世界中に存在し、日本国内では大手の証券会社などがその機能を持っているところが多くなっています。そのサービス内容は全て企業を対象としたもので、個人で利用する機会はまずありませんが、自分が働いている職場にとっては非常に重要な役割を果たすことも珍しくないので、そうした銀行についての知識を持ち合わせていなかったという方はこの機会に基本的な知識を持っておくと、会社の経営についても少しずつ理解出来るようになって来るはずです。

業務の一例

新規ビジネス導入・立ち上げアドバイス

ビジネス立ち上げ時における財務・経営、当局認可・登録申請、内部管理体制その他の専門的なアドバイザリー

ストラクチャー関連アドバイス

ストラクチャーのモデリング、ドキュメンテーション、会計上の取扱い等のアドバイス

対象資産等のデューデリジェンス

プロダクツ販売勧誘のための有価証券届出書、私募目録見書等の作成時における対象資産に関連するデューデリジェンス

対象資産・商品の評価手法のアドバイス

証券化の対象資産/証券化商品等に関する価値分析の方法に関するサービス

リスク管理・コンプライアンス体制アドバイス

金融商品取引業者等の業規制対応のリスク管理・コンプライアンス体制に関するサービス

内部統制・内部監査支援

金融商品取引業者等の内部統制の高度化、内部監査支援サービス

会計監査

特別目的会社、投資ファンド・エンティティの会計監査

現在、日本においては、外資系金融機関や大手証券会社などがインベストメントバンキングを手掛けている。
アメリカでは、顧客企業の商品やサービスの開発も提供する知的集約型の業務を行っている。