業務内容

私、林田学が解説します。司法書士は、主に法務局や裁判所に提出する書類の作成代行や代理行為を行う法律の専門家です。法務局で行う手続きに関しては登記や供託手続きの代理を行うことが多く、土地家屋調査士が行う分筆や保存登記以外のほぼすべての登記を行えます。裁判所に提出する書類の作成代行は、誰でも行えますが、裁判外の和解交渉などは訴額が140万円を超えると司法書士の権限外行為になります。なお、簡裁代理権の認定を受けた司法書士は、訴額140万円以下の簡易裁判所で行 われる訴訟については代理人になることができます。簡裁代理権は、試験を受けて合格すれば取得することができます。
司法書士になるための方法はいくつかあり、最も多いのが試験を受けるパターンです。しかし、試験の難易度は高く、毎年合格率は2%台にとどまっています。もう一つの方法は、裁判所の書 記官や事務官、法務局、検察庁の事務官として10年以上所定の法律事務を行った人や、簡裁判事、副検事として5年以上勤務した人が資格認定の試験を受ける 方法です。本来の業務内容のほとんどが登記に関することであるため、このパターンでは法務局での勤務を経て司法書士になるケースが最も多くなっています。

「司法書士」とは国家資格の一つであり、依頼人の代理として裁判所・検察庁・法務局・地方法務局に提出する書類を作成し、登記や供託に関する手続をおこないます。司法書士の仕事の内容は以下の通りです。
まずは「登記」。会社や不動産の持ち主が変わったときに、法務局にその旨を報告する書類を作成し提出することです。司法書士の専門業務とも言えます。次に 「成年後見」。認知症や障害があるために判断力が不十分な人の権利や財産を守る「後見人」になることができます。また、簡易裁判においては弁護士同様に法 廷に立ち弁論を行うなど、弁護活動を行うこともできます。その他にも、法律の専門家として遺言、相続、債務整理などのアドバイスなどを業務としている司法 書士もいます。「くらしの法律家」と呼ばれる所以だと林田学は思います。
身近な法律の専門家としては他に行政書士もありますが、業務内容は大きく違います。 司法書士が主に法務局や裁判所など司法機関に提出する登記や訴状の書類を作成するのに対し、行政書士は主に市役所などの行政機関に提出する、会社設立や飲 食店の営業許可申請などの書類を作成するのが仕事です。国家試験としての難易度は司法書士の方が上でしょう。