インベストメントバンキングとは

銀行と名の付く金融機関は全て同じだと考えている方も中にはいるかもしれませんが、実際には銀行にも種類があるということをご存じでしょうか。通常、我々が考える銀行というのは預金を預けたり、振込みなどを行ったり、また自動車ローンや住宅ローンなどの金融商品を取り扱っているのが銀行ということになりますが、銀行の中には投資銀行と呼ばれるジャンルの銀行が存在します。投資銀行はインベストメント・バンキングとも呼ばれ、アメリカならJPモルガン、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレーなどが該当します。

我々が日常生活で利用している銀行は、商業銀行と呼ばれるジャンルになります。商業銀行での業務はさきほどもお伝えしたように、預金を取り扱ったり各種ローン商品を顧客に紹介したりします。一方のインベストメント・バンキングは、資産を多く持つ富裕層の資金を運用することが主な業務となります。ただし、一つ注意点ですが、インベストメント・バンキングというのはあくまで米国で通用する名称であり、日本ではそもそも投資銀行という名称は認可されていません。これは、日本の銀行法を含む金融法関連法群でも確認することができますから、興味のある方は確認してみましょう。


世界有数のブラジル国債もある

IS証券株式会社では世界有数のブラジル国債を取り扱っており、ブラジル国債はみなし外国税額控除の対象になります。IS証券株式会社が取り扱っているブラジル国債のポイントは、額面2万レアルから購入が可能な点やグローバル国債なので、ブラジルにより税率アップが実施された金融取引税の課税対象にもなっていない点が挙げられます。また、当ブラジル国債の利金に関しては、みなし外国税額控除が適用されており、税金の支払いがないというのも非常に嬉しいポイントであり、購入する際のきっかけになるケースもあります。

取引をする際に注意をすべきことは、申込みの際には必ず金融商品取引法第37条の3の規定によりお渡しする「契約締結前交付書面」を読み、説明を受けた上でご自身の判断によりお申込みをおこなうことや利金、償還金ともに外貨建てとなるといったことです。また、国内受渡日は通常では約定日から起算して4営業日目であり、売付時は約定日から5営業日目となっているので、きちんと把握をしておいてください。外貨建債券の取引はクーリングオフの対象にはならない点やIS証券株式会社が取り扱っているブラジル国債は既発債となるので、購入価格は変動するという点も忘れてはいけない大事なポイントです。


顧客サービスに徹しています

世に証券会社の数は多いですが、IS証券株式会社は、「お客様とともに成長する証券会社」を経営理念に高らかに掲げています。
実際に、顧客への上質なサービスと卓越した金融商品を提供することで、大変に高い評価を得ています。
同社の強みは幾つもあります。
国際的にはりめぐらされたネットワークと、スキルをたっぷり持った優秀なスタッフが、顧客の個別のニーズに対応している点です。
そして、最も理想的なソリューションを速やかに提案している姿勢は、多くの顧客からの信頼を集めています。
昨今は、スリランカの発電事業に着手したり、ASIA CAPITAL PLCとの業務提携契約を締結したりと、まさに国境を越えた大活躍をしております。
IS証券が取り扱っている商品の内容としては、株式取引、公募・売出株式、株価指数先物取引、トルコ国債、ブラジル国債などと、実に多岐にわたっています。
会社として、法令遵守の理念を徹底していることは、言うまでもありません。
コンプライアンスの厳格履行を踏まえながら、日本の金融市場の活性化に注力しています。
今後も、IS証券は多くの投資家の絶大な信頼を集めつつ、グローバル企業として大きく成長していくことでしょう。


IS証券情報・サイト

IS証券株式会社|企業情報ならイノベーションズアイ

岡安商事株式会社、IS証券株式会社間のくりっく365取次システム提供開始
IS証券株式会社の転職/求人情報